復活・うな重好評中


直送された国産うなぎ
通常のものより大きく、一本が330から350グラムあります。
勿論、一折一本です。
 
うなぎの価格が高騰しています。
東京京都内の水産市場でのウナギの取引価格は1月時点で
1キロ当たり約5200円。昨年同期の約2400円の2・7倍。

国内産のうなぎ「一色うなぎを使用」

長野県内の岡谷市では、かつてうなぎ店や川魚店が多くありました。

諏訪の湖「諏訪湖」から流れる天竜川でも、うなぎやなまず漁が盛んだった為、
付け場「主に船付け場」を開き、獲れた魚を囲み楽しんだと聞いています。

今では、大変貴重な料理になってしまいました。
長年愛された品質と伝統の調理法、味は昔ながらそのままです。
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA