かぶら蒸し

 
ほんのり脂ののりかけたタラやノドグロを
さっぱりとしたおろしに、かつおの餡をかけ
シンプルに仕上げました。
これからの季節にお勧めの一品。
是非、チャレンジしてみてください。

 

鱈の蕪良蒸し  

<材料・4人分>

・タラ(切り身)50g×4切れ

・小蕪    2個

・なめこ   1パック

・大根    1/5本

・人参    1/3本

・柚子    適量

・卵白    1個

・塩     適量

・昆布    小1枚

・山葵    適量

銀餡(ぎんあん)

・出し汁1カップ

・塩   (適量)お好み

・味醂 大匙1

・醤油 小匙2

・水溶き片栗粉適量

<レシピ>
1)蕪の皮を剥き卸す。卵白を泡立て卸した
 蕪と合わせ、薄い塩味にて味をつける。

2)沸騰したお湯に、大根、人参、なめこ、
 蕪の葉を茹で冷水に取る。

(3)器に昆布を敷き、切り身のタラをのせ
 下味程度の塩を振る。

(4)(1)に茹でたなめこを入れ、タラの切り身
 の上にのせ、蒸し器にて15分蒸す。

(5)銀餡を合わせ、水溶き片栗粉を入れて
 とろみをつけ、大根、人参、蕪の葉を入れ
 あんかけとする。
山葵、柚子を添える。

 

一口メモ

・タラは、皮面だけをフライパンにて
焼色をつけると、より香ばしさが楽しめます。

・蕪は小蕪でもいいですが、天王寺蕪や
聖護院かぶなどでもやわらかくふんわり
とした滑らかさと甘さが楽しめます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA