まかない料理

季節に合った食材を吟味できるのは、日本料理ならではの
醍醐味でもあります。
 

本日のまかないは、ブリ大根 野沢菜の古漬け、
船場仕立て汁。

脂ののったブリのあらで出汁を取り、大根、人参、
たけのこ、どれも旬の物尽くし。 
少々生姜の香りがします。体が温まりますね。
見た目はただの料理ですが、工夫がこなされています。

自分の過去を思えば、お客様に出す素材と同じものを食べる
ことは持っての他でしたし、前の日残ったご飯を再び蒸して食べたり、
生卵のみの時もありました。
忙しい時には、雑炊や煮込みうどんなど、すぐに食べて厨房に戻る事が
出来るように考えていた頃を懐かしく思います。
まかないは、交代で立ってたべる時代でしたので、ゆっくり食べていると
上司からガチで怒鳴られることも何度もありました。

ですが、そんなときでも先輩が材料を提供してくれたり、冷めても
美味しい料理法や、パンクして失敗してしまった茶碗蒸しを
使っての料理、忙しい時の裏ワザ、盛付け方、美味しく見せる彩りなど・・
得たものは沢山あります。

毎日苦戦していましたが、修行中で自分の思うような味付けが出来るのは、
この時だけでしたので、大変でしたが楽しくもありました。

又、初めて煮方として、鍋を振らせて頂いた年末、お正月料理の八つ頭(芋)を
400個真っ黒焦げに焦がしてまい、どうすることの出来ない芋を見事先輩が
他の料理に変えた発想の転換は今でも忘れられません。

先輩も苦労した分、自分の引き出しが沢山出来たということですね。

御馳走様でした!!
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA