ひな祭りを前に・・

 
毎年当店ではこの時期より、料理長お勧めコースにて
雛懐石をお勧めしております。

ひな祭りには、ちらしずし、はまぐりの潮汁などの汁物はかかせません。

お祝い寿司やご飯物、
ひな祭りを楽しむ季節の風韻がいろいろ。


記念日やお誕生日、歓送迎会などに春爛漫のおもてなしを是非

コースは10品
季節の歳時にあわせた、旬の品々を取り揃えてお客様の心に叶うお料理です。

ご予約、お待ちしております。
ひなまつりの由来

もともと「ひな」というのは、女子が人形遊びなどに
使ったもので、平安時代には立ちびなだったものが、
室町以降座りびなとなり、今のようなひな人形が
作られるようになったのは近世中期以後。
「桃の節句」はもともと春先に農作業を
はじめるにあたり、物忌み、禊などを行い穢れを払う
行事であり、人形はもともとこの汚れをうつして
川などに流す「形代」として使用されていたらしい。
従って、特に女子の祭りというわけではなく、
男女が共に参加した。
一方、「端午の節句」はもともと田植えを前に
稲作の吉凶を占う行事であり、
そのため、田の神(女性)との関わりが深かった
らしい。
二つの行事が
今のように男子・女子の祭りとして認識され、
華美になってきたのは、ごく最近の近世中期
以降だという。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA