小満の頃の五月晴れ

ここ毎日、暑い日が続きます。
春の山菜が数種類入り、信州を代表する
霧下そば(飯綱産)ともいえる、乱切りそばは、
毎日大好評をいただいております。

飲食店では、お客様にもてなすお茶を温かいも
のから、冷たいお茶に変えるタイミングでもあります。

ランチに添える、温かいうどんも冷たい汁物に変えたり、
茶碗蒸しも、冷やし茶碗蒸しや、茗荷、水ナスを使った
さっぱりめのサラダも食べたくなる季節です。

私は、自分が作る料理にお客様から喜ばれる
調理師という仕事は、本当に素晴らしい仕事
だと思っております。
これから調理師を目指す方達に。

調理師になったからには、とにかく一生懸命
にひたすら考え、真心を込めた味、サービスつくりを、
お客様に提供して邁進していただきたいと思います。

その前に、まず大切なことは、心から喜んでいただきたい
と思う気持ちと、衛生観念です。
作り手の心が、必ずしも相手に伝わるように・・

新しい食材を柔軟に取り入れ、誇り高く、
親しみやすい料理を一生の仕事にして
いきたいと思います。
 


1 Comment

  1. 悠善さんのそばのファンの一人です。
    お昼も、もちろん夜呑み終わった〆でもペロリとおいしく頂いています! あぁ~、おなかすいてきました。 (・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA