土用の丑

 
夏ばてにはうなぎと言われ、暑いときに
食べると言うのはたぶん自然に生活
の知恵として定着していたのでしょう。
土用の間で、日の干支が丑である日。
7月30日は「土用の丑」


特に夏の土用丑の日には、暑い時期を
乗り切る栄養をつける為にうなぎを
食べる習慣があります。
うなぎにはビタミンA・B群が豊富に
含まれているため、夏バテ、食欲減退
防止の効果が期待できます


土用入りの日が申から丑の間の場合は
丑の日が2回あることになり、2回目の
丑の日を二の丑といいます。

 


由来には、平賀源内が発案したという説もあります。
その昔、土用に大量の蒲焼きの注文を受けた鰻屋が、
子の日、丑の日、寅の日の3日間で作って土甕に入れて
保存しておいたところ、丑の日に作った物だけが悪く
なっていなかったからという説もあります。


国産うなぎ特大(1本330g~340g)3.980円(税込み)
    ハーフ(1/2本160~180g)2.100円(税込み)


 


1 Comment

  1.  昨日は個人的に記念日だったこともあり、悠善さんにお邪魔させていただきましたが、丸山さんをはじめとするスタッフさんみんなのサプライズには本当に感動しました。
     素敵な思い出になりました。 ありがとうございました。
     感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA