短夜の頃のおもてなし

朝、窓を開けると朝顔の花が咲いています。

 

その昔、薬膳として渡来した説もあり、牛を牽いて

朝顔と交換する程、貴重な薬草だったといいます

 

牽牛といえば「彦星」つまり鷲座のアルタイルと同名。

 

名前が同じ事から奥様の「織姫星」を朝顔姫と呼びました。

 

七夕の朝、里芋の葉にたまった露で墨をすって字を書き、

書道の上達を祈るという風習があります。七夕の露は、

織姫が流す涙ともいわれました。そう思うとロマンティックですね。

 

↑黒豆ホタル黄味チーズ

 

本日も、涙を乗り越えて幸せになれるような、新たな気持ちで、

精進して参りたいと思います。                  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA