ソルガムきび料理 試食審査会

長野市と信州大学などでつくるイネ科の

穀物「ソルガム」の実を使用した料理や

アイディアを競い合う試食審査会が、信州大学

工学部で行われました。

 

今年で2回目。

県内の一時審査を通過した個人や

食品企業社から20品目が会場に並べられ、味や

見た目、食感、地域の魅力などを基準に採点。

 

 

一般の来場者100人も投票し、合計で入賞の

10品を決めました。

当店の調理師(調理経験3年)も出展し、努力賞をいただきました。

 

実は私も非常に興味深い穀物であり、アレルゲンフリーの

商品開発に研究を進めております。

小麦粉や大豆などのアレルギーを含む食材の代わりに、米粉や

ソルガムきび粉、こんにゃく粉などを使い、学校給食や介護施設の

食品開発に役立てればと思っております。

又、長野県発信の地域の魅力やブランド食としても、6次産業化に

つながるヒントを頂いた、充実した一日だったと思います。

 

今後も更に研究を重ねて生きたいと思います。

 

 

お客様各位

 
この度は、平成28年度ソルガム調理試食審査会において

栄誉ある賞をいただきまして誠に有難うございました。 
 これまでの取り組みを陰で支えご理解下さった方々、
並びに生産者、料理関係者、大学関係者様、皆様にこの場を

お借り致しまして深く御礼申し上げます。

この賞は、私ひとりのものではなく、私を支えてくださった皆様

の代表として私が変わりに頂いたものと深く理解しております。

今後は今一度原点に戻り、先人が守ってきた食文化、伝技を皆に

受けつぐ、その箸渡し役として、又、食を通じて皆様に喜ばれる

ような料理を勉強して参りたいと思います。
今後共々、ご指導、ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

本日は、貴重な経験をさせて頂き、ありがとうございました。
 

日本料理悠善 調理見習い 中島瑞生

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA