鮎(アユ)オイル蒸し

 
アユの美味しい季節になりました。
四万十の綺麗な川海苔を食べて育ったアユ。
表面は黄金色です。

表面の滑りを落とし串を刺します。

塩を振り炭火にてじっくり焼きます。
通常は、焼き上がりにレモンやスダチを
搾って共しますが、焼きあがったアユを
深めのバットに並べ、アユが浸るぐらい
のオリーブオイルに浸し、蒸し器で3時間
蒸します。

蒸しあがりのアユに、たっぷりに熱湯を
かけ油抜きをし、包丁を入れて器に盛ります。
蓼酢や天然塩をかけていただきます。
頭から尾っぽまで丸かぶりできます。
フランス料理で言えば、バターを多めに
つかったムニエルを和風にアレンジした
ようなさっぱりで柔らかなやさしい味です。
アユは、今時分から晩秋まで楽しめます。
この料理は、料理長お勧め6,000
円のコースにてお出ししております。
是非、ご堪能くださいませ。
※仕入の都合により、内容が変更する場合があります。
 


1 Comment

  1. 先日、この鮎をいただきましたが頭も骨も柔らかくて最高でした!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA