立秋の頃

つくつく法師にうろこ雲・・・

 

立秋とはいえ、秋の気配さえ感じられないというのが、

実感ではないでしょうか。

日が落ちると、心にしみ入るように、虫の声が透明な響きを

感じさせてくれています。

 

処暑の始まりは、綿の実がはじけて、ふんわりとした綿花が

咲きそろってくる時期。空気が澄みきってくると、いよいよ

秋の実りの時を迎えます。

 

 

夏の雲と秋の雲が同居している空の下、赤とんぼが舞い、

七夜月がきらきら輝いている光景が目に浮かびます。

 

肌では感じられなくても、流れる雲が秋風の到来を教えて

くれるようです。

 

小さな秋が少しずつ近付いて違和感を覚えるのが、

立秋かもしれませんね。 

 

本日も、新たな気持ちで、精進して参りたいと思います。 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA