松茸料理始まりました

 

 

 
8月中旬ぐらいから、早松茸(さまつ)が市場に出回ります。
価格はk単価5.000円前後。
今年は、例年の倍以上価格が高騰しています。
その原因は・・・

国産の松茸が市場に出回るのは9月上旬頃。
それまでは輸入のものが日本の築地、太田市場に並びます。
海外の輸入物の大半は中国、韓国であり、トルコ、北朝鮮、モロッコ、カナダと季節に
よって入荷状況が異なります。
価格高騰の原因に考えるのは、韓国や他の国で松茸が不足しており、中国や北朝鮮から
の松茸の収穫量が大幅に少なくなっていることや、雨が降らず気温が上がり湿度もキノコが
生える温度に適さない状況など、いくつか考えられます。

このような状況が続くと、お店にはよっては冷凍食品やフリーズドライ食品を
使う店舗も増えてきます。
そうなると、本物が少なく、本来の松茸そのものの味や香りがお届けできなくなる
危機感を感じております。
冷凍食品や加工食品を使い、そこまでして消費者の方々に旬をお届けしなくては
いけないのか?疑問に思う毎日です。
本日の相場も、㌔単価8.000から20.000円と、とんでもない価格がここ2週間
ぐらい続いております。
情報が入り次第又、追っておしらせ致します。
 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA