フキの当座煮

 
里のフキノトウ。
標高の高い山々のフキは、まだ土の中。
フキノトウは、畑や田の畔などにもどこでも入手することが出来ます。
調理法としては、フキ味噌や天婦羅、お味噌汁などにも幅広く使われます。
フキ味噌のように保存食として使われる場合が多いですが、
丸ごと煮て、煮浸し風の保存食も美味しいですね。癖や灰汁も少なく、
ご飯のおかずや、酒の肴などにも
よく合います。
作り方の手順は、
水洗いしたフキの水気を拭き、天婦羅を揚げる温度(180度)
で揚げます。
一晩水に晒し、絞りながら巻きすの上に並べ10蒸します。
鍋に入れ、調味料、出汁6、味醂2、醤油1.5に対し
砂糖をお好みで入れ、弱火で煮ます。
冷めると、フキの灰汁と煮汁が絡み、べっ甲色に変わります。

柔らかく、トロトロと口の中で溶け広がります。
当座煮の当座は、
当分の間、保存できるという意味もあります。
興味のある方、チャレンジしてみてください。
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA