節電・節ガス・料理講演・講習会

 
電気に頼り過ぎない食生活の知恵を、今こそ取り戻していただきたい!
「節電・節ガス講演会」が、長野市の柳町働く女性の家にて行われました。

「飽食の時代」と久しくいわれてきました。
しかし、そんな暮らしには限りがあることを、今回の地震と
その後の混乱が私たちに気づかせてくれました。
一人ひとりが節電を心がける必要が出来たわけですが、
キッチンでの節電という意味は、24時間休みなく稼働している
冷蔵庫の存在が何よりも大きいと言えます。

長時間の保温機能を使う電気炊飯器も、今一度見直してみたいものです。
今回のこの講演を機会に、火を使ってご飯を炊く術を身につけて
ほしいとの想いで極簡単でシンプルな調理法を説明いたしました。




★袋炊きのご飯


材料(2~4人前)


米・・・・・2


水・・・・・2合


①米を洗いザルにとります。水気が切れたら、
やや大きめの袋に米を入れ、同量の水を加えます。
(15分浸透させます)


②土鍋に水を肩まで入れ①をいれて、沸騰する
手前約90度になったら20分火にかけます。
(この時、中蓋と鍋蓋を2枚使うように)


③20分たったところで、お湯からだし、
箸で全体を混ぜながら蒸らします。口を開き
、軽く濡れた布やタオルをかぶせ蒸らします。
(15分)


 



★土鍋、鍋での炊きたてご飯(
5人前)


材料 米 水


   ①    米3合を水洗いします。一番最初に洗った
米のとぎ汁は他の鍋に入れ取っておきましょう。
    鍋に米3合、水3合と大匙2を入れ中火に
かけます。火加減はやや強め。お米は沸騰
するまでの間に約8分間は最低煮ます。
沸騰してきたら火を弱め火を付けてから
15分から20分程で火を止めます。


   ③    10分少々蒸らし全体をよく混ぜます。



※お米のとぎ汁を鍋に入れ煮詰め、
ドロドロになるまで詰めます。
そこに先程のご飯を入れ鮭フレークを
お好みで入れます。
お米が柔らかくなったら自家製離乳食のできあがり。
お米のとぎ汁だけではなく、うどんやそばの
ゆで汁を煮詰めた後、茹でたうどんや麺類を
細かく切って煮詰めた汁に入れ、再度柔らかく
して食す事も可能です。


★さば缶みぞれポン酢(3人前)


材料 サバ缶1缶 大根おろし1/4本 
   市販のポン酢 かつお節 




★韓国風辛うま豆腐


材料 ザーサイ缶1/2缶 おぼろ豆腐1丁 キムチ少々
 葱の笹打ち
1/2本 かつお節 海苔


胡麻油60CC 醤油大匙2


   ①    豆腐の水気を切ります。葱は笹切りとし
水に放します。
ザーザイはあらみじん切りにします。


   ②    大きめのお碗型のうつわに、おぼろ豆腐を入れ
ザーサイ、キムチ、葱の笹打ちの順に盛り付けをします。
豆腐の周りから醤油をかけます。



   
60CCの胡麻油を熱々で熱し、葱の上全体
にかけます。
その上に、かつお節、切り海苔をのせ完成。
葱やキムチを全体に絡めて頂きます。



 


 


★胡瓜と茗荷との茄子の塩もみ しらす添え


材料 胡瓜1本 茗荷3本 茄子1本 ほじそ
しらすお好みで 塩、こぶ茶


    胡瓜は厚めの小口切りに切ります。
茗荷は笹切りに切ります。
茄子は、小口切りにします。


    それぞれをボールに入れ、塩、こぶ茶にて
味を整えお好みでしらすをいれます。


    食べる前にひじそ、レモンをかけて供します。
塩やこぶ茶がない場合は、浅漬けの素に
レモン汁でもよいでしょう。


 


 




★叩き胡瓜と信州産塩いか


材料 胡瓜 塩丸いか 大葉 
A)塩丸いかは、薄い塩水(呼び塩)にて塩を抜きます。
塩を抜いた塩水を使って・・



   
大葉はみじん切りにします。胡瓜は天地を
落とし、すりこぎ棒にて叩きます。
胡瓜にひびが入るくらい。



   
ビニール袋に胡瓜、、大葉、塩丸いか、
を入れ、A)を加えます。
足りない調味料、醤油、味醂を加え味を整えます。
お好みで黒酢やカボスを入れてもいいですね。


 


 


マンゴー缶詰と市販の
カステラを使って簡単ドルチェ
生クリームに、マスカルーネが入ります。

ごく普通のカステラ


ブルーべリーを添えて、出来上がり



お皿に飾るとこんな感じ
レストランのドルチェのような・・

今が旬、採れたて根曲がり竹と缶詰
サバを使って
昨日、お客様からいただきました貴重な根曲がり竹
黒姫産です。かなり極太!!

わらびも入ります

電気やガスに頼り過ぎない食生活の知恵を
、今こそ取りもでしていただきたいと
願っております。

初デビューの助手を務めたSさん。
最初は緊張気味でしたが、いつもの業務のように
手際よく迅速に調理が出来ました。
「皆様、貴重なお時間を、ありがとうございました!!」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA